芝刈り機が…

写真では分かりにくいですが、雑草と混然一体となった芝。

午前中に降っていた雨があがったので、「今のうちに」と庭の芝刈りを始めたところ…
始めて15分ほどして、芝刈り機が動かなくなってしまいました!
モーター音はするのですが、「ウーウー」唸るばかりで機械が作動しない(-_-;)

草か何か絡まった?歯車が錆びた?
刃にこびり付いた泥を擦り落としたり、ローラーに挟まれた草を取り除いたりしてもダメ。
まだ、庭の3分の1も刈ってないのに!

結局、購入した島忠さんへ持ち込んで、メーカーに修理を依頼することにしました。
愛用していたRYOBIのLM-2310。
私にしてみれば、購入してまだ4年ほどしか経っていないのになぜ?

「連続して長時間使い続けると、モーターが弱って、最悪焼ききれることもある。20~30分使ったら休ませてモーターを冷まさないといけない。」と受付で言われて、ギク!
ともかく朝夕の涼しい時間に手早く終わらせたいと、連続して1時間ほど使い続けることが常態化していたので、相当負荷がかかっていたのかもしれません。

ともあれ、見積もりと修理で1ヶ月ほどかかるということで、ただでさえ雑草天国になっている庭の芝は、その間かなり見苦しい状態になると思います。
カフェをご利用のお客様、どうかご容赦下さいませ。